福島城
 
別 名 阿津城・丹屋敷
所在地 埼玉県飯能市阿須
築城者 新田義貞
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
山頂の三角点
遠景 要害沢 南尾根のピーク
 
 若き日の新田義貞が築き加治氏が守備したという伝承が残り、鎌倉街道を抑える要衝で要害沢という小川に守られている。駿河台大学の建設で城跡は失われているが、鎌倉時代の城なので地形を頼りとした簡素な城だったのだろう。
 遺構がないことがわかっているので遠景撮影のみに留めていたが道はしっかりあるので楽しい山歩きができそうだと思い訪れてみた。駿河台大学の南側に回り込む林道から山道へ入るが傾斜が急な場所はなくのんびりとした散策が楽しめる。娘が中学生のときに班全員がここで道に迷い遭難しかけたらしいが、道も道標もある低山でも注意しないとそうなってしまう。そんなことを思い出しながら歩いているうちに阿須山の山頂へ着いてしまった。標高179mの山頂は行政区分でいえば入間市西三ツ木なので城跡はもう少し北にあったと思う。結局、城跡らしい遺構はひとつも見つけられなかったが、誰もいない穏やかな晴天の山歩きは気持ちが良いものだった。
西武池袋線「元加治」下車 徒歩20分
2001/09/23・2019/01/18 日本城郭大系/新人物往来社
埼玉ふるさと散歩・飯能市遍/さきたま出版会