福島城
 
別 名 武田信俊館
所在地 埼玉県比企郡小川町上横田
築城者 河窪信俊
築城年 天正10年(1582)
廃城年 元禄10年(1697)
現 状 輪禅寺
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁
 
 武田氏の一門衆河窪信俊は徳川家康に仕えて武蔵で千石余りの知行を与えられた。その館跡が小川町にあるので森林公園から自転車を利用して訪れてみた。輪禅寺の境内に土塁がある他は特に遺構は見られないが、武田一族の墓碑が建ち並ぶ風景は壮観だった。長篠の戦いで討死した信俊の父武田信実の墓もあるはずだが覚えていない。
JR八高線・東武東上線「小川町」下車 国際十王バス「熊谷駅」行で「上横田」下車 徒歩10分
2004/10/16 日本城郭大系/新人物往来社
埼玉の古城址/有峰書店新社