福島城
 
別 名
所在地 埼玉県比企郡吉見町北吉見
築城者 上田友直
築城年 応永6年(1399)
廃城年 慶長6年(1601)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考
評 価
太鼓郭 空堀
遠景 笹郭 主郭
土橋 二の郭 空堀
空堀 三の郭 搦手 竪堀
 
 はじめて来たのは高校3年生のときだった。春休みが長かったので退屈を持て余して訪れた松山城にはまだ雪が残っていた。昭和の松山城は荒れ果てており雑木が生い茂っていた。案内板も吉見百穴の近くにひっそりと設置されていた。どこから登るかもわからず仕方なく岩室観音堂から登ったが、残雪が融けて靴が埋まるほどの泥濘で這い上がるのもひと苦労だった。
 現在の松山城は雑木が刈り払われてすっきりしている。堀底も刈り取られ歩きやすくなった。逆にこれだけ樹木を伐採してしまうと風雨に晒されて城跡の崩壊が進むことが心配になる。木々に守られてきた遺構がこれからもずっと保たれることを切に願いたい。
 遺構も見事だが刻まれた戦歴も凄まじい城で北条、上杉、武田が松山城を廻り何度も争っている。最後の戦いは豊臣秀吉が差し向けた前田利家、上杉景勝、真田昌幸に攻められ開城している。近世初頭に廃城となり現在に至っている。
東武東上線「東松山」下車 川越観光バス「免許センター」行で「百穴入口」下車 徒歩5分
2005/05/14・2006/11/25・2009/12/07・2013/03/27 日本城郭大系/新人物往来社
関東の名城を歩く/吉川弘文館