福島城
 
別 名 春日山館
所在地 埼玉県北足立郡伊奈町内宿台
築城者 春日景定
築城年 永禄12年(1569)
廃城年
現 状 内宿駅
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁
 
 5日間取得した夏季休暇の前半3日間は台風の接近でどこへも行くことができなかった。4日目は雨も上がり午前中は曇り空で気温もそれほど上がらなかった。午後は気温が上がる予報だったので近い場所を選択し、しばらく足が向いていなかった伊奈町の城館を訪ねてみることとした。
 大宮駅からニューシャトルに乗車し終着駅の内宿駅で降りた。駅の北側が春日氏の居館跡で開発前は堀が残っていたというが、今は何の痕跡も留めていない。春日一族の墓所がある桂全寺までは駅から5分も歩かない。友人が境内に土塁があることを確認しているのでそれを見てみたいという気持ちもあった。境内には康元2年(1257)の年号が刻まれる板碑が保存されている。その後ろに確かに立派な土塁が残されている。春日氏居館の遺構かはわからないが、内宿駅北側と境内とは指呼の距離にあるので遺構である可能性はあると思う。それからは墓地に訪れて春日一族の墓を見ている。案内板には簡単にその由来が記されているが内容は濃い。
ニューシャトル「内宿」下車 徒歩0分
2018/08/09 日本城郭大系/新人物往来社
春日氏墓所案内板