福島城
 
別 名
所在地 埼玉県入間郡越生町越生
築城者 越生有行
築城年 平安時代末期
廃城年
現 状 越生神社
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁
 
 越生町は児玉党の居館跡が多く点在している。雪がちらつく冬の日に彼らの居館跡を訪ね歩いてみた。最初に訪れたのは越生有行の居館跡だが、以前は越生絹会館に標柱が建っていた。昭和5年に建てられた大正の香りを残すような瀟洒な建物だったが、老朽化を理由に取り壊されてしまい真新しい建物が建てられた。そのときに標柱も撤去してしまったという。
 仕方なく大高取山への登山道入口に立つ越生神社を訪ねた。案内板に越生氏の居館があったことが記されている。当時の遺構かはわからないが境内に土塁がある。高台から集落を見下ろす開発領主の居館に相応しい景観だと思う。
東武越生線・JR八高線「越生」下車 徒歩10分
2005/05/01・2010/02/17 埼玉の古城址/有峰書店新社
越生神社案内板