福島城
 
別 名
所在地 埼玉県桶川市末広
築城者 足立遠元
築城年 平安時代末期
廃城年 弘安8年(1285)
現 状 総合福祉センター
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 後輩の結婚式に出席するために大宮へ出かけた。少し早く家を出て城館探訪をしようと考えたが、礼服を着ているので遺構が残る城は土で汚れるために避けて石碑や案内板だけの城館を選んだ。そのひとつが足立右馬允遠元の館跡だった。
 遠元の館跡と伝わる場所は桶川市内だけでも他に2つある。さいたま市の旧大宮市内にも遠元の館跡と伝わる場所があるが、それらはいずれも伝承の域を出ない。足立氏の地盤は埼玉県東南部から東京都足立区周辺までの広範囲に亘るため、足立氏の館がどこに構えられていたかはもうわからなくなっている。
 総合福祉センターの片隅に遠元居館跡の石碑が建つが、ここも比定地のひとつであり発掘などで遺構が確認されているわけではない。古い伝承地というだけだが、この石碑のおかげで伝承地が守られていることに意味があると思う。
JR高崎線「桶川」下車 市内循環バス・東循環で「総合福祉センター」下車 徒歩3分
2005/05/15 埼玉の城址30選/埼玉新聞社
武蔵武士/まつやま書房