福島城
 
別 名 菅谷館
所在地 埼玉県比企郡嵐山町菅谷
築城者 畠山重忠
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 埼玉県立嵐山史跡の博物館
遺 構 郭・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考 続日本100名城
評 価
主郭 出枡形土塁
搦手 虎口 三の郭 土塁 三の郭 空堀
二の郭 主郭 虎口 主郭 土塁
主郭 主郭 空堀 南郭
 
 菅谷城へは高校3年生のとき以来、自宅から遠くないこともあって20回以上は訪れている。古城の散策という観点だけでなく、博物館の企画展に訪れたり、蝶の里公園を訪ねて季節ごとの蝶を観察したりと目的は多岐に亘る。
 高校生の頃は中世の城を訪ねても何が遺構かわからないことがあった。整備されていない山城の堀切や平地の城館にある崩れかけた土塁などは相当見落としていたと思う。その点で菅谷城はすべての遺構がはっきりとわかった。城のどの部分にどのような遺構が築かれるのかを僕に教えてくれた城でもある。
 畠山重忠が居館を起源とするのは間違いないだろうが、その後の歴史は曖昧な点が多く解き明かされていない。戦国時代に北条氏が城代を置いたというが、近年は杉山城や茅ヶ崎城などが発掘の結果を踏まえて山内上杉氏や扇谷上杉氏の城などと定義づけられるようになった。北条氏が版図を広げた過程で特に重要性を感じない場所でもあり、菅谷城についても山内上杉氏の改修説が正しいと思う。
東武東上線「武蔵嵐山」下車 徒歩15分
2006/03/24・2010/02/04 日本城郭大系/新人物往来社
関東の名城を歩く/吉川弘文館