福島城
 
別 名 猿尾太郎種直館
所在地 埼玉県比企郡小川町大塚
築城者 猿尾種直
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 小川町指定史跡
備 考
評 価
土塁と空堀
遠景 土塁 虎口
土塁と空堀 土塁と空堀 虎口
 
 街中にあって驚くほどの遺構を残している。市街地にあるため破壊されていると思い込んでいたので見事な遺構を目の当たりにしたときは驚きと同時に喜びが込み上げてきたものだった。中城への道はとてもわかりづらく訪れる度に迷っている。つい違う丘へ登ってしまうことを繰り返した。あきらめて丘を下ると陣屋沼に中城への道標があり何とか着くことができた。
 二度目の訪問は雪が残りそれがとても綺麗に見えた。ちょうどこの日はバレンタインデーで土塁の上から見る横堀は粉砂糖を振りかけたように見えた。古くは麻師宇郷と呼ばれ猿尾氏の居館があったとされていたが、最近の研究で松山衆上田氏の居城と考えられているようになってきた。土塁を眺めながら空堀を歩いているだけで幸せになれる城である。
JR八高線・東武東上線「小川町」下車 徒歩15分
2004/10/16・2010/02/14 埼玉の古城址/有峰書店新社