福島城
 
別 名 四津山城
所在地 埼玉県比企郡小川町高見
築城者 石井政綱
築城年 治承4年(1180)
廃城年 長享2年(1488)
現 状 四津山神社
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 埼玉県指定史跡
備 考
評 価
主郭 堀切
遠景 主郭 主郭 土塁
二の郭 虎口 三の郭 土塁 眺望
 
 別名通り東から遠望した高見城は4つの盛り上がりがあるように見える。ここには2度訪れているがいずれも草木が生い茂る季節だった。四津山神社の境内にあるためいつも綺麗に整備されていたのが印象的だった。あの清潔感は今もはっきり記憶している。
 遺構もよく残っている。主郭から二の郭の間に方形囲郭があるがどのような用途なのかはわからない。それほど広くはない郭なので何かの貯蔵庫があったのかもしれない。二の郭の虎口は桝形を形成し三の郭は低い土塁が取り巻いている。
 二度目の訪問は真夏の夕方近い時間だった。風がとても心地よかった。夏なのに空気が澄み渡り遠くのほうまで見渡せた。鉄道路線から遠く離れているために訪れるのは厄介だが、男衾駅か東武竹沢駅から1時間ほどで行くことができる。
東武東上線「男衾」下車 徒歩1時間
2005/05/06・2010/07/18 日本城郭大系/新人物往来社
埼玉の古城址/有峰書店新社
熊出没注意