福島城
 
別 名
所在地 埼玉県比企郡小川町奈良梨
築城者 諏訪頼水
築城年 天正18年(1590)
廃城年 文禄元年(1592)
現 状 八和田神社
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 小川町指定史跡
備 考
評 価
土塁と空堀
 
 森林公園からレンタサイクルを利用して小川町の城館を訪ねた。徳川家康に仕えた諏訪頼水の陣屋跡は思いのほか遺構がよく残る。奈良梨は北条氏の時代から伝馬が置かれた要地だった。頼水の統治期間は2年ほどしかないので、以前からあった屋敷を流用し陣屋を構えたものと思う。南東2キロ足らずの地に家康に召し抱えられた河窪信俊の館があるが、信俊は武田一門なので頼水にとって仇敵となる。
JR八高線・東武東上線「小川町」下車 国際十王バス「熊谷駅」行で「奈良梨」下車 徒歩5分
2004/10/16・2011/11/06 日本城郭大系/新人物往来社
奈良梨陣屋案内板