福島城
 
別 名 大野城
所在地 埼玉県比企郡ときがわ町大野
築城者 大野弾正
築城年 永禄年間(1558〜69)
廃城年 永禄年間(1558〜69)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
近景
長者平 土塁 石積 長者ヶ池
 
 比企郡の城館はほとんど廻り尽くしていたが、橋倉城だけはあまりにも遠すぎて未訪問だった。とんでもない山奥にあり交通の便も悪い。バスの本数が少なく乗り継ぎが必要となる。バス停からも相当の距離を覚悟しなければならない。西武線沿線から行けないか計算してみたが西吾野駅から往復8時間かかることがわかりあきらめていた。
 埼玉県に住む僕が県内の城を訪ねて日帰りで戻れない危険があるような場所である。そんなときに友人と城館探訪をすることになり、未訪問の橋倉城を訪ねることになったのはありがたかった。
 松山城主上田氏に仕えた大野弾正の居城ということと、弾正は秩父の薄村で武田軍と交戦し討死したという伝承が残っている。高篠峠と白石峠を監視するための城だろう。午前10時前にときがわ町の物産館で集合し橋倉城へ向かった。大野集落は比企郡の最果てにあり山の向こうは秩父となる。曲がりくねった林道を登り詰めるといきなり視界が広がり、見上げるとパラグライダーが空を舞っていた。これを見て念願の橋倉城へ着いたことを実感した。埼玉の古城址に描かれた概念図と同じ構図が目の前にはあった。
 城と断定できるような遺構は少ないが、長者平の先端に土塁があり湧水池もある。東側に浅い谷が入り込み、半円状の平場に石積みが見られた。城の遺構とは思えないが人が起居した証しにはなる。とにかくも橋倉城へ訪れた達成感で胸いっぱいだった。
JR八高線「明覚」下車 ときがわ町バス・イーグルバス「せせらぎバスセンター」行で終点下車
ときがわ町バス「竹の谷」行に乗り継ぎ終点下車 徒歩45分
2017/05/14 埼玉の古城址/有峰書店新社
熊出没注意