福島城
 
別 名
所在地 埼玉県幸手市天神島
築城者 一色氏
築城年 戦国時代
廃城年 天文23年(1554)
現 状 天神神社
遺 構 郭・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭
居館 水堀 郭と堀跡 土塁
 
 幸手市内の城館探訪をするため幸手駅から延々と歩いた。幸手城は何も遺構が残っておらず、その他の城館も大同小異だったが、天神島城だけは遺構が残っていた。市街地から遠く離れた天神島城へ向かう足取りは重かったが、幸手は遠く何度も訪れることはないと思い、できれば一度で終わらせたい気持ちがあった。
 幼稚園だったか保育園だったか忘れたが子どもたちの嬌声が聞こえてきた。楽しそうな声に少し癒されつつ天神神社へ着くと、意外にも城としての雰囲気がよく残されていた。資料を片手に歩くと居館跡とされる邸宅の周囲に水堀があった。天神神社の周囲も低くなっており堀跡ということが把握できる。境内には案内板まであって言うことなしだった。少し面白くなり周辺を歩いてみた。水田と微高地は郭と堀だろう。ブロック塀で隠れているが見事な土塁が残っているのを見つけた。この日は城らしい場所はほとんどなかったが最後の天神島城で救われた気がした。
東武伊勢崎線「幸手」下車 徒歩30分
2014/10/16 日本城郭大系/新人物往来社