福島城
 
別 名
所在地 埼玉県久喜市菖蒲町新堀
築城者 金田則綱
築城年 康正2年(1456)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 菖蒲城跡あやめ園
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
現況
 
 菖蒲という美しい地名は奈良時代からあったという。一面に菖蒲の花が咲き誇っていたことが地名の起こりとされる。戦国時代も美しい景観を持った城だったのだろう。花菖蒲が咲くような湿地に浮かぶ城だったために遺構はもう残っていない。城跡は公園となっているが、郭の一部だったと思われ周囲の水田より少し高くなっている。
 ありふれた農村の公園という風情だが石碑と案内板が設置され、栢山陣屋の移築門もあって楽しめた。秋に訪れたこともあってたくさんのトンボが飛び交っていた。帰りは車が通らない農道を歩いたがトンボたちを従えて歩くのは楽しかった。
JR高崎線「桶川」下車 朝日バス「菖蒲車庫」行で「新堀」下車 徒歩10分
2014/10/07 日本城郭大系/新人物往来社