福島城
 
別 名
所在地 埼玉県白岡市小久喜
築城者 南鬼窪行親
築城年 平安時代末期
廃城年
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
寿楽院
 
 野与党に連なる武士の居館跡を探るのはとても根気のいる仕事だと思う。ほとんど場所の特定がされておらず、ある程度の場所がわかっていても遺構は皆無と言える。これが丹党や児玉党の居館廻りとなると資料も多く、現地で遺構と出会えることが多いが、埼玉県内の城館を調べる者には避けて通れない道でもある。
 白岡市のWebサイトで南鬼窪氏館跡の発掘調査が行なわれている様子が掲載されていたことが刺激になり、とうとう南鬼窪氏館跡を訪ねることができた。何かのきっかけがなければなかなか訪れようという気にならない場所である。遺構は埋め戻されて宅地が建つだけだが、寿楽院の案内板に鬼窪氏に関することが記されていたし鬼門除けと思われる鬼窪八幡を見たりと案外楽しむことができた。
JR宇都宮線「白岡」下車 徒歩10分
2015/05/05 Webサイト/白岡市ホームページ