福島城
 
別 名
所在地 埼玉県加須市内田ヶ谷
築城者 多賀谷光基
築城年 平安時代末期
廃城年 寛正年間(1460〜66)
現 状 大福寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
大福寺
 
 戦国時代に佐竹氏と連合し常総で名を馳せた多賀谷氏の故郷は一度訪れたかった。館跡の大福寺には遺構はないが、多賀谷氏館だったということに触れた案内板がある。
 多賀谷氏は結城氏の配下となり室町時代に多賀谷郷を去っている。戦乱に乗じて独立を図り、結城合戦で縁を深めた佐竹氏と連合し戦国大名としての道を歩んだ。多賀谷重経の時代が全盛期で20万石の所領を誇り北条氏ですら重経には手を焼いている。
東武伊勢崎線「加須」下車 徒歩1時間
2015/05/05 日本城郭大系/新人物往来社