福島城
 
別 名
所在地 埼玉県大里郡寄居町末野
築城者 藤田重利
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
梵鐘
遠景 山頂 眺望
 
 鐘撞堂山はその名から鉢形城に関わる砦か烽火台だと思っていた。遺構らしい遺構がないために訪れる機会がなかったが、寄居町近辺にある城館の再訪を始めたときに鐘撞堂山を経由して猪俣城へ訪れてみようと思った。
 とても気持ちの良い山道だった。風はあるが1月にしては暖かい日だった。汗をかきながら登り詰めると山頂に平場があり、鐘撞堂山の由来となった梵鐘が復元されている。他にも人がいたので鐘を鳴らすことはしなかったが、遠くまで綺麗に見渡すことができた。案内板は詳細にこの山の由来について記されていた。鐘撞堂山はなぜか城館扱いされることがなく、城郭を扱った本や悉皆調査にも記録されていないが、その用途から砦だったことは明白なので僕は取り上げて紹介したかった。
東武東上線・JR八高線・秩父鉄道「寄居」下車 徒歩1時間
2017/01/12 鐘撞堂山案内板
熊出没注意