福島城
 
別 名 谷古田城
所在地 埼玉県川口市東本郷
築城者 太田輝資
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 傑傳寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
現況
 
 太田道灌が築いた伝承が残るが実際には道灌の曾孫太田輝資が岩槻城の支城として築いたらしい。北条氏滅亡後、徳川家康は輝資を家臣に加えようと招いたが、輝資はそれを丁重に断り慶長8年(1603)にこの地で没している。
 傑傳寺は丘の上に建っている。門前の坂は緩やかだが長く登るのに疲れた。遺構は消滅しているとされており、境内を歩いても城跡であることを伝えるものは何もないが、参道の東にある雑木林は少し気になる。立入禁止の立て札があるために確認はしていないが、本郷城の遺構を求めるなら鬱蒼とした竹林の奥を調べてみないと答えが出ないように思う。
埼玉高速鉄道「鳩ヶ谷」下車 徒歩20分
2002/02/09 埼玉の古城址/有峰書店新社