福島城
 
別 名 広沢堂山
所在地 埼玉県朝霞市栄町
築城者 広沢実方
築城年 平安時代末期
廃城年
現 状 朝霞第八小学校
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
広沢の池
 
 たまには訪れたことのない土地を歩こうと思い、自宅から近い朝霞市を散策した。11月の終わりだったが紅葉がとても綺麗だった。広沢の池はそれほど大きくもなく、岸辺は護岸舗装された殺風景な場所だったが池には魚が泳いでいた。平安の昔はさぞ美しい光景だったことと思う。
 広沢堂山とも呼ばれるこの土地には、源義賢を急襲した源義平の家人波多野実方が軍功により武蔵国広沢郷を与えられたという伝承がある。実方はまだ15歳の若武者で相模を離れて遠い武蔵国に館を構えたかは疑問に思うが、当時は人の成長が早い時代であり、実方は義平の側近として近侍していたのかもしれない。
 居館跡は朝霞第八小学校付近とされ遺構はない。北に広沢観音堂と広沢の池がある。案内板によれば広沢の池は古くから存在する湧水で様々な魚や水鳥が暮らす場所と記されていた。何もない場所だったが、たまにはこんな城館探訪もいいものだと思った。
東武東上線「朝霞」下車 徒歩15分
2014/11/27 相模武士/戎光祥出版