福島城
 
別 名 岡ノ城山
所在地 埼玉県朝霞市岡
築城者 太田道灌
築城年 室町時代
廃城年
現 状 城山公園
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭 堀切
遠景 二の郭 堀切 二の郭
主郭 堀切 主郭 主郭 櫓台
 
 はじめて訪れたのは二十代の頃だった。その頃は微妙な地形の起伏がわからず、ごくありきたりな公園にしか見えなかった。何度か訪れているうちに意外なほど遺構がよく残っているということに気づいた。公園のトイレに岡城のイラストが描かれているのが印象深い。
 歴史については今ひとつ明確ではないが、太田道灌が築いたという伝承が残っている。実際は戦国時代に岡郷を領有していた太田新六郎康資が築いたらしいが、いずれにしても太田氏ゆかりの城であることは確からしい。公園入口付近の遺構は破壊されているが、三の郭から主郭にかけてはとてもよく残っている。公園として利用されてきたために堀底はかなり浅くなっているが、城跡の雰囲気は十分に感じられる。
JR武蔵野線「北朝霞」下車 徒歩25分
2006/09/23・2015/01/02 日本城郭大系/新人物往来社
関東の名城を歩く/吉川弘文館