福島城
 
別 名 本郷城
所在地 埼玉県所沢市城
築城者 大石重定
築城年 室町時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 城山神社
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 埼玉県指定史跡
備 考
評 価
三の郭 空堀
大手 空堀 二の郭 空堀 二の郭 土塁
三の郭 空堀 三の郭 櫓台
主郭 空堀 主郭 主郭 土塁
 
 自宅の近くにこれだけの見事な遺構を残す城があると誇らしい。以前は堀底までびっしりと雑木が生い茂っていた。夏になるとカブトムシやクワガタがいくらでもいたが、所沢市もようやく本腰を入れた整備に着手して今では真夏でも素晴らしい遺構を見ることができる。
 東所沢駅から出ているバスはあまり本数が多くないが歩いてもそれほど遠くない。北条氏の築城様式を色濃く伝える遺構がとても残る城であり貴重な史跡だと思う。主郭は城山神社境内となり土塁はかなり削られているが、郭を囲む空堀は迫力が感じられる。
 北条氏照が入る以前の歴史はよくわかっていない。大石氏の居城だったとされ、実際に所沢市内には大石一族の墓所もあるが、東京都と埼玉県にまたがる広範囲に大石氏の史跡があり、系図の研究もあまり進んでいないために滝ノ城の起源についてはあまり解明されていない。北条氏照の有力支城だが拠点とするには手狭な印象を受ける。それでも鋭角的な堀と横矢の多用は北条氏らしさを存分に感じることができる。滝ノ城がこれだけ見やすくなったのも地元保存会の努力があったればこそで、その地道な活動に感謝したいと思う。
JR武蔵野線「東所沢」下車 西武バス「志木駅南口」行で「城」下車 徒歩5分
2004/11/23・2008/11/07・2009/05/18・2009/07/18
2010/01/11
日本城郭大系/新人物往来社
関東の名城を歩く/吉川弘文館