福島城
 
別 名
所在地 埼玉県飯能市中山
築城者 中山氏
築城年 鎌倉時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 宅地
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 埼玉県指定旧跡
備 考
評 価
空堀
 
 飯能市は城館跡が多いがその多くは山城である。山城の遺構はよく残っているが、平地に構えられた城館のほとんどは消滅し、案内板すら設置されていない場所が多い。その中でも中山家範館は遺構が残り石碑と案内板が設置されている希有な例となっている。
 八王子城の籠城戦で壮絶な討死を遂げた中山家範だが、その奮戦ぶりは敵味方を感動させ、関東を与えられた徳川家康は家範の遺児を召し抱えた。子孫は水戸藩の家老となり常陸松岡城主にまで登り詰めたことも居館跡の保存に一役買ったと言える。
 中山氏は丹党の出身で鎌倉時代に居館を構えている。遺構は土塁と空堀の一部が残るだけだが、智観寺には中山氏の墓所がありそれなりに楽しむことができた。今も中山氏の遺風が慕われているように感じられ感動したことを覚えている。
西武池袋線「飯能」下車 西武バス「宮沢湖」行で「中山」下車 徒歩5分
2008/09/10 日本城郭大系/新人物往来社
埼玉の古城址/有峰書店新社