福島城
 
別 名
所在地 埼玉県本庄市児玉町秋山
築城者 秋山光政
築城年 南北朝時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
御嶽神社
 
 秋山集落は鉄道から離れバスも通っていない。集落を囲む小山川に架かる橋も少ないため陸の孤島のようだった。真夏に駅から歩いて訪れるのは無理な距離である。この日は友人と車で訪れているが、それでも遠く感じるほどだった。
 遺構は残っていないが、御嶽神社と秋山新蔵人神社に挟まれた住宅地が居館跡のおおよその範囲となる。御嶽神社の案内板に秋山新蔵人と居館について少し触れられているのが手がかりになった。秋山新蔵人は甲斐源氏の秋山氏と同族とされている。御嶽神社の御神体は民俗色豊かな巨大な男根でそれがいくつも飾られていた。本来、宗教と祭りは性的な側面を持ち合わせている。見た目の問題だけで頭から否定されてしまう最近の風潮は文化の衰退であり、貧困な感性しか持ち合わせていない証拠だと思う。嫌なら見なければいいわけであり、それをわざわざ見て言いがかりをつける手合いは相手にすべきではない。
JR八高線「児玉」下車 徒歩1時間
2010/07/18 日本城郭大系/新人物往来社
広報こだま