福島城
 
別 名
所在地 埼玉県本庄市児玉町秋山
築城者 中沢氏
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 農地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
現況
 
 快晴の夏空の下、児玉党の城館探訪に明け暮れた一日だった。そのときに訪れたのが中沢堀ノ内である。中沢氏は猪俣党で承久の乱で功があり、恩賞として丹波国大山荘を与えられて移り住んでいる。手がかりは児玉町が発行している小冊子だけだった。
 土塁と堀が残るというが、肥沃な土地が広がるのみで遺構は見つけることができなかった。城郭探訪としては完全な空振りだが風景を見ただけで感動した記憶がある。本当に美しい風景で中沢氏が活躍した中世とそれほど大差ないように思えるほどだった。夏の青空と目に染み入るような緑の草原に里山が広がるだけで、民家もほとんどなく目障りな電柱もない日本の原風景がそこにはあった。
JR八高線「児玉」下車 徒歩50分
2010/07/18 広報こだま