福島城
 
別 名
所在地 埼玉県児玉郡美里町猪俣
築城者 猪俣範綱
築城年 平安時代末期
廃城年
現 状 農地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 まだ残暑が残る10月初旬に児玉郡から大里郡にかけての城館を歩いた。八高線も周辺の路線バスも本数が少ないため当然のように移動手段は徒歩となった。猪俣の集落に入り古めかしい商店がある曲がり角を曲がると小平六館跡の石碑があった。案内板もなく畑の片隅に自然石と並んで建っていた。水堀とされるのはごくありふれた小川だった。ここから高台院まで足を延ばし猪俣小平六範綱の墓を訪ねたが、その道中で猪俣百八燈の塚を眺めた。8月の夜に少年たちが火を灯すという祭りが今も続いている。
JR八高線「用土」下車 徒歩30分
2007/10/05 日本城郭大系/新人物往来社
埼玉の城址30選/埼玉新聞社