福島城
 
別 名 高見城
所在地 埼玉県児玉郡神川町渡瀬
築城者 安保吉兼
築城年 文明12年(1480)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
二の郭 石積
遠景 東郭 喰違い虎口
主郭 堀切 主郭 二の郭 堀切
西尾根 堀切 西郭 二重堀切
 
 はじめて訪れたのは秋だった。藪がひどくて主郭まで見たところで下山している。二度目は友人と真冬に訪れてじっくりと歩いている。標高はそれほど高くないが道が荒れているのと藪が多く歩きづらい。主郭まではそれほでもないが、二の郭や西郭まで行く場合は藪漕ぎを強いられるのと自分の位置を確認しつつ歩くことが必要となる。
 二の郭に残る石積は意外と高く積んであった。堀切は豪快に尾根を断ち切っていた。散策路を外れて人が歩かないような遺構を見て歩くのはとても楽しい時間だった。この山は少し陰鬱な雰囲気があり山登りの爽快感より重苦しい気持ちになる。眺望も見事だし静かで落ち着いた雰囲気だが、神域であるせいか何となく張りつめたような気持ちになってしまう。
 麓の金鑽神社と多宝塔も見事だった。休日でもそれほど参拝客がいないので落ち着いて散策が楽しめる。少し隠れ里めいた神秘的な雰囲気がとても好ましい。さすがにここまでは外国人観光客も大挙して訪れないので埼玉県下ではお気に入りの山城である。
JR八高線「丹荘」下車 朝日バス「神泉総合支所」行で「新宿」下車 徒歩50分
2007/10/29・2012/02/18 日本城郭大系/新人物往来社
関東の名城を歩く/吉川弘文館
熊出没注意