福島城
 
別 名 野原館・文殊館
所在地 埼玉県熊谷市野原
築城者 増田重富
築城年 室町時代
廃城年
現 状 文殊寺
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁と空堀
土塁と空堀 空堀 土橋
 
 文殊寺は2度訪れている。いずれも森林公園駅からレンタサイクルを利用した。辺鄙な場所にあるが受験の時期になると合格祈願の参拝客で賑わうらしい。今もそうなのかは知らないが広い敷地を持つ立派な寺院だった。
 この広い境内は室町時代に古河公方に仕えていた増田四郎重富が居館を構えた場所という。出自や事跡はよくわからない人物だが、深谷市にも重富の居館跡が残り、小川町にある高見城は重富の居城という伝承がある。編年で考えると深谷の増田館が本貫地で野原の増田館に移り住んだ後に山内上杉氏に対抗するため高見城を築いたという流れだと思う。
JR新幹線・高崎線・秩父鉄道「熊谷」下車 国際十王バス「森林公園駅」行で「文殊様」下車 徒歩1分
2002/11/15・2013/09/26 日本城郭大系/新人物往来社