福島城
 
別 名
所在地 埼玉県深谷市秋元町
築城者 秋元景朝
築城年 天文10年(1541)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 穏やかな春の日に深谷城と周辺の城館廻りをした。自然と深谷上杉氏の家臣団が居住した城館が中心となる。深谷駅の南東はびっしりと住宅が建ち並んでいた。住宅街の中心にロータリーがあり、円の中心に秋元氏館跡の石碑があった。
 遺構は何も残っていない。秋元長朝は小田原城に加勢した上杉氏憲に代わり深谷城を守り、前田利家らの大軍相手に見事な防衛戦をしたが衆寡敵せず開城した。戦後は井伊直政の推挙で徳川家康に仕え上野総社城主となり子孫は譜代大名として存続した。
JR高崎線「深谷」下車 徒歩15分
2007/04/14 日本城郭大系/新人物往来社