福島城
 
別 名 戸宮前館
所在地 埼玉県川越市下広谷
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
空堀
 
 新編武蔵風土記稿に収録されている下広谷村古跡三ヶ所のひとつである。大堀山館は埼玉県史跡として保存されているが、それ以外は特に保存措置が講じられることもなく荒れ果てている。実際には三ヶ所だけでなく似たような規模の城館跡が複数散らばっている。いずれも歴史がわからないが、大堀山館と同様に扇谷上杉氏と山内上杉氏が争った時代の陣城と考えられている。
 藪とじめじめした地面の印象しか残っていない。圏央道が城跡を貫いて周辺は少しずつ宅地化されつつある。湧水があるのか小さな池が2つある。そのために空堀はいつもぬかるんで足場が悪いが、城が存在した頃からこんな感じだったと思う。広谷北城は破壊が進み昭和の時代に記録された遺構の半分は消滅していた。
東武東上線「若葉」下車 東武バス「川越駅」行で「観音堂」下車 徒歩10分
2002/02/23・2012/12/12 日本城郭大系/新人物往来社
埼玉の古城址/有峰書店新社