福島城
 
別 名
所在地 埼玉県秩父郡長瀞町井戸
築城者
築城年
廃城年
現 状 農地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
大手桜
 
 天神山城に登ったときに大手桜の案内板に目を通すと田城について記されていた。この桜は天神山城の大手にあるので大手桜と呼ばれている。今の桜は樹齢200年程度というから戦国時代に天神山城へ行き来した武士たちの姿は見ていない。案内板には天神山城の大手という意味ではなく、桜の木の前に広がる田園にあった田城の大手にあった桜と記されている。田城というのは外城の転訛かとも思うが他に何も伝承がない。天神山城は藤田氏や北条氏邦が居城したので大手には重臣の屋敷を並んだことと思う。
 桜の古木から県道を隔てたところにある田んぼがその跡であるとのことだが何も残っていない。向こう側は崖となって荒川に落ち込む地形で小川も流れている。荒川沿いに見られるような崖端城の地形に当てはめる条件は整っている。
秩父鉄道「野上」下車 徒歩20分
2010/03/03 大手桜案内板