福島城
 
別 名
所在地 埼玉県秩父郡長瀞町野上下郷
築城者 阿仁和基保
築城年 正和元年(1312)
廃城年 延文2年(1357)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭 土塁
遠景 二の郭 堀切 野上下郷石塔婆
 
 樋口駅の北方にそびえる山が仲山城で美しい姿はよく目立つ。登山道入口に道標があるが小さくて見落としやすい。この日は友人と一緒に車で訪れた。軽四駆で中腹まで登ることができたので山頂までは少し歩いただけだった。
 小さな主郭に東屋と案内板があり土塁の上には信仰のものらしい石碑が建ち並んでいた。城跡を廻っていると様々な石碑と出会うが、庚申塔と馬頭観音ぐらいしかわからない。もっといろいろ学べば楽しいのだろうが、なかなかできないでいる。
 南北朝時代の山城なので規模も造りもささやかだったが、ほのぼのとした感じがして楽しめたと思う。城の南に有名な野上下郷石塔婆が建っている。秩父鉄道が開通したときに現在地に移されたものだが、高さ5mを超す巨大な板碑は間近で見ると迫力がある。この板碑も小川に架かる橋にされたりして今の場所に移されたという歴史がある。
 城主は北面の武士だった阿仁和兵助基保という。京都在任中に神のお告げで一族を挙げて関東へ移住して仲山城を築いたらしい。基保はここを居城として新田氏に従っていたという。確かに秩父から新田氏の地盤だった上州は近い。基保の子直家は侍女を巡る色恋沙汰で秋山城主の秋山新九郎継照に攻められ荒川河原で討死したという。ちなみに野上下郷石塔婆は直家の妻が13回忌に建てたものである。
秩父鉄道「樋口」下車 徒歩1時間
2006/12/23 日本城郭大系/新人物往来社
秩父路の古城址/有峰書店新社