福島城
 
別 名 高坂城・高坂陣屋
所在地 埼玉県東松山市高坂
築城者 高坂氏
築城年 観応年間(1350〜51)
廃城年 天和元年(1681)
現 状 高済寺
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁と空堀
土塁 空堀 加賀爪氏墓所
 
 高坂館付近は急速に宅地化が進み、遺構が残るのは高済寺境内だけとなってしまった。以前は土塁の上に城山稲荷が祀られていたが、今は土塁の下に移されている。土塁も堀底も雑木林だったが綺麗に伐採されてすっきりしていた。
 昔から坂東平氏一門の高坂氏が居館を構えた場所とされ、戦国時代には北条氏に仕えた高坂刑部が起居していたとされてきた。最近の研究では高坂氏の居館はもう少し南にあった高坂弐番町遺跡ではないかとされつつある。高坂刑部も戦国時代の人物ではないようだが詳しいことはわからない。現在まで残っている遺構は戦国時代に北条氏が松山城を攻めたときのものらしい。北条氏滅亡後は徳川家康の家臣加賀爪氏が陣屋を構えている。
 市街地の城館としてはまずまずの遺構を残していたが、土塁と空堀の雑木が伐採されたのは史跡としての整備ではなく、宅地開発のために破壊を前提とした儀式だった。立派な空堀を埋めて宅地を造成する意味がわからない。
東武東上線「高坂」下車 徒歩15分
2008/02/08・2016/10/01 日本城郭大系/新人物往来社