福島城
 
別 名 毛呂土佐守顕季館
所在地 埼玉県入間郡毛呂山町小田谷
築城者 毛呂氏
築城年 鎌倉時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭
遠景 主郭 虎口 堀切
 
 毛呂山町は自宅からもそれほど遠く感じないこともあり何度か訪れている。友人と埼玉県内の城館探訪をするときに通り過ぎる町なので馴染み深い場所でもある。毛呂氏は藤原氏を祖とする古い家系で平安時代末期から中世までを生き抜いた数少ない名族であり、居館跡もいくつか存在するがよく知られているのは長栄寺の裏山にある毛呂山城である。
 境内に毛呂氏館跡の標柱が建つが、確かに城というより館といった規模と遺構で構成されている。常緑樹が多いため真冬でも樹木が密生しており全体像が掴みづらい。それでも現地を歩くと虎口や堀切がはっきりとわかるので貴重だと思う。
JR八高線「毛呂」下車 徒歩15分
2005/05/01・2010/02/17・2014/12/16 日本城郭大系/新人物往来社
毛呂山町史
熊出没注意