福島城
 
別 名
所在地 埼玉県入間郡毛呂山町宿谷
築城者 宿谷氏
築城年 南北朝時代
廃城年
現 状 山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
 
 毛呂山郷土史研究会が発行した小冊子に宿谷氏の詰め城のことが載っていた。地元郷土史家の手による熱のこもった力作である。簡素な図面だがおおよその手がかりはついたので友人と登ってみた。
 宿谷集落は駅から遠いため公共交通機関で行くのはやや不便だが、その分だけ今も自然豊かな景観を保っている。集落内の鎌倉街道とされる切通しの道を行けば宿谷氏の居館があり、切通し付近から山を登ること20分少々で詰め城跡とされる場所に着く。図面にはかなり立派な土塁や堀などが描かれていたが、たしかに人工的な切り落としや削平地は認められるものの図面にあるような土塁や堀切は見られない。ただし見当違いの場所をうろついていた可能性もあるので断定はできない。
JR八高線「毛呂」下車 徒歩40分
2014/12/26 宿谷氏の賦/まつやま書房