福島城
 
別 名
所在地 埼玉県日高市横手
築城者 山口氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
現況
 
 師走の寒い日に入間郡の城館探訪をしたときに立ち寄っている。やや遅い時間に友人と合流したため飯能市から毛呂山町にかけて点在する城館を訪ね歩いている。最初に訪れたのが山口氏の居館跡で武蔵横手駅のほとんど目の前だった。
 入間郡で山口氏と聞けば当然のように村山党を連想するが、この山口氏は北条氏の重臣松田氏に仕えて代官として赴任している。その起源は周防の大内氏に繋がり、末裔には今川義元への寝返りが露見し織田信長に殺された山口教継がいる。裏付けに乏しく信じがたい気もするが本当だとすると牛久藩主となった山口氏と同族ということになる。
 武蔵横手駅のすぐ北にある薬師堂の麓にある邸宅が居館跡とされ、今も末裔がこの地を守っている。残念ながら明確な遺構はないが西から南にかけて小川が流れて堀を形成している。少し気になったのは付近に大川戸姓の家が多いことだった。山口氏が移住する以前のことは何もわからないが、何か関係がありそうな気がした。
西武池袋線「武蔵横手」下車 徒歩5分
2014/12/16 埼玉県の中世城館跡/埼玉県教育委員会