福島城
 
別 名
所在地 埼玉県秩父市久那
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
堀切
遠景 堀切 主郭 堀切
 
 秩父にも遅い春が訪れた頃に未訪問だった城を廻ることとした。平成に発見された贄川城と久昌寺砦の2つだけを見るために秩父鉄道を利用して旧荒川村まで来ている。浦山口駅から久那橋を越えて真っ直ぐ歩くと久那小学校がある。東へ行けば嫩桑館跡があるが素通りして丁字路を西へ折れて久昌寺へと向かう。この寺は札所なので標識には困らなかった。砦跡は久昌寺の南にある丘で登る場所を思案しながら弁天池に映る久昌寺を眺めつつ歩いた。丘沿いに歩くと緩やかな坂があるので登ってみたところ拍子抜けするほど楽に到着した。
 砦の名に似つかわしい簡素な造りだが、浅い堀切がいくつかあるので当時はここに砦を築く理由があったのだろう。物見の砦としては低すぎるので村の城という性格の砦かもしれない。ある程度大きな城を持つ武将の領地であれば農民はその居城へ逃げ込んで守ってもらうわけだが、秩父の土豪階級だとそうもいかないためにこうした城砦がいくつも築かれたのだろう。
秩父鉄道「浦山口」下車 徒歩30分
2014/04/01 Webサイト/北武蔵城郭フォーラム