福島城
 
別 名
所在地 埼玉県日高市中鹿山
築城者 飯田氏
築城年 天正18年(1590)
廃城年
現 状 宅地
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
現況
 
 日高市内にある高麗一族の居館探訪をしたときに立ち寄ってみた。徳川家康は武田氏の遺臣を多く召し抱えたが、飯田氏も武田氏滅亡後に召し出され旗本となっている。現在の笛吹市八代町に飯田氏の屋敷跡が伝わっているが、その家系かはわからない。
 入間郡にある旗本陣屋には武田旧臣と称する家が多く、本能寺の変後に徳川氏に召し抱えられた者もいれば、武田氏滅亡後に北条氏を頼って武蔵へ逃げ込んだ者も多い。その多くが北条氏滅亡後に関東へ入国した家康の家臣に組み込まれている。
JR八高線「高麗川」下車 徒歩15分
2009/10/18 Webサイト/城跡ほっつき歩記