福島城
 
別 名
所在地 埼玉県所沢市松が丘
築城者 新田義貞
築城年 元弘3年(1333)
廃城年
現 状 八国山緑地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
将軍塚の碑
 
 八国山は自宅近くにあることから数えきれないほど訪れている。娘が小さい頃はよく来たものだった。所沢市側の斜面は残念ながら高級住宅地として開発され尽くしているが、東京都東村山市川は里山の自然がよく残されている。これは柳瀬川流域でも同じで東京都が計画性を持って緑地保存に取り組んでいるのに対して所沢市は残された緑地を食い潰している。
 関八州の山々が遠望できたことから八国山と呼ばれ付近を鎌倉街道が通っている。そのような要衝に城が築かれなかったのかという疑念は持っていた。西武新宿線の車窓からも平地の中にあってよく目立つ丘である。ここに城が築かれることはなかったらしいが、鎌倉へ進撃をした新田義貞が八国山に布陣し、今もそこは将軍塚と呼ばれている。城館跡とするにはどうかとも思うが、自分は武将の陣所も積極的に取り上げているのでここを外すわけにもいかない。
西武新宿線・池袋線線「所沢」下車 西武バス「西武園」行で「将軍塚」下車 徒歩6分
2018/12/26 将軍塚案内板