別 名 江城・千代田城
所在地 東京都千代田区千代田
築城者 太田道灌
築城年 長禄元年(1457)
廃城年 明治元年(1868)
現 状 皇居東御苑
遺 構 櫓・城門・郭・石垣・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物 櫓・城門
史跡指定 国指定特別史跡
評 価
 室町時代の武将太田道灌が築いたとされるが中世の江戸城の位置ははっきりしていない。西の丸の上道灌堀は後世に名づけられたと思われるので、道灌時代の江戸城も現在の本丸を中心として築かれていたと思う。戦国時代は北条氏の有力な支城のひとつであり江戸衆が組織されていた。
 天正18年(1590)に北条氏を滅ぼした豊臣秀吉は徳川家康に関東を与え、小田原城ではなく江戸城を居城とするよう指図したと言われる。当時の江戸城は屋根も茅葺きで質素な城だったらしい。家康は特に文句も言わず質素倹約を旨として江戸城で慎ましい日々を送ったが、関ヶ原の戦いで勝利した家康は将軍宣下を受け、江戸幕府を開くとともに諸大名に江戸城の大改修を命じた。その後も江戸時代を通じて拡張されたことで稀に見る巨大な城となったが、天守は明暦の大火で焼失してからは再建されることがなく、富士見櫓が天守の代用とされた。明治維新を迎え大政奉還が行われた後は皇居として現在に至っている。
大手門 三の丸跡 三の丸巽櫓
三の丸桔梗門 二の丸平河門 平河濠
乾濠 北の丸田安門 西の丸桜田濠
百人番所 大番所 本丸富士見櫓
本丸跡の白鳥濠 本丸跡の石垣 本丸跡
本丸跡の数寄屋多門櫓 本丸天守台の石垣 本丸天守台の石垣
 江戸城はおそらく日本でもっとも有名な城だと思う。現在も皇居として日本の中心にありながら奇跡のように自然豊かで静かな空間となっている。幼少の頃から東京で暮らしていたので数多く訪れている親しみ深い城である。最初に訪ねたのは祖母に連れられての東京観光か小学校の社会科見学だったことと思う。後楽園球場で野球を観戦したときに時間あ余って散歩をしたし九段下で学生時代を送った頃は学校帰りによく寄り道をした。言ってみれば生活の一部のような城で自分の思い出の断片には江戸城がとても深く関わっていたと思える。
 世界的にもこれほどまで美しい場所は少ないと思う。壮大な石垣と優雅な水堀に青々とした芝で彩られた切岸の調和が見事である。櫓や城門の白壁が良いアクセントとなり季節によって様々な表情を見せてくれる。よく見ると異なる年代の石垣が積まれて興味深い。築かれた年代の差異をじっくり見られることも魅力だし、これだけ広くて立派な史跡が無料で見学できることに感謝すべきだと思う。大坂城と名古屋城はもちろん立派だが江戸城は別格と言える気品が漂っている。
JR新幹線・東海道本線・中央本線・総武本線・地下鉄各線「東京」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・名城を歩く/小学館
2004/07/10・2008/11/13