福島城
 
別 名 江城・千代田城
所在地 東京都千代田区千代田
築城者 太田道灌
築城年 長禄元年(1457)
廃城年 明治元年(1868)
現 状 皇居東御苑
遺 構 櫓・城門・郭・石垣・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物 櫓・城門
史跡指定 国指定特別史跡
備 考 日本100名城
評 価
二重橋と伏見櫓
大手門 富士見櫓 百人番所
本丸 白鳥濠 本丸 石垣 本丸 天守台
三の丸 巽櫓 三の丸 平河門 平河濠
乾濠 北の丸 田安門 西の丸跡 坂下門
 
 日本でもっとも有名な城だと思う。現在も皇居として日本の中心にありながら奇跡のように自然豊かで静かな空間となっている。幼少の頃から東京で暮らしていたので数多く訪れている親しみ深い城であり、九段下で学生時代を送った頃は学校帰りによく寄り道をした。
 起源は平安時代末期の江戸氏が構えた居館に求められるのだろうが、江戸重長が居住した館の場所はもうわからない。それどころか太田道灌が築いた江戸城の位置にも諸説ある。上道灌堀が残されている西ノ丸が有力だとは思うが、皇居ということもあり発掘などもできないだろうから歴史的なロマンとして眠らせておくのが良い。徳川家康が天下普請で礎を築き、江戸時代を通じて拡張がされてきたことで稀に見るような巨大な城となった。今はほとんど崩されてしまったが、自分が学生の頃は中央線の車窓からも外堀の石垣が見られたものだった。
 世界的にもこれほどまで美しい場所は少ないと思う。壮大な石垣と優雅な水堀に青々とした芝に彩られた切岸の調和が見事だ。櫓や城門の白壁が良いアクセントとなり季節によって様々な表情を見せてくれる。よく見ると異なる年代の石垣が積まれて興味深い。築かれた年代の差異をじっくり見られることも魅力だし、これだけ広くて立派な史跡が無料で見学できることに感謝すべきだと思う。大坂城と名古屋城はもちろん立派だが、江戸城は別格と言える気品が漂っている。
JR新幹線・東海道本線・中央線・山手線・京浜東北線・総武線・地下鉄各線「東京」下車 徒歩5分
2004/07/10・2008/11/13 日本城郭大系/新人物往来社
名城を歩く/小学館