別 名 椚田城・高乗寺城
所在地 東京都八王子市初沢町
築城者 椚田氏
築城年 鎌倉時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 東京都指定史跡
評 価
 初沢城は横山時重の子椚田重兼が築いたというが確証はなく、その居館と詰め城は初沢城から西側の谷を挟んだ高乗寺と背後の城山に求められるかもしれない。和田義盛の乱で横山党が滅ぶと横山荘は大江広元に与えられ一族の長井氏が治めるところとなった。長井氏は初沢城の他に片倉城も支配し扇谷上杉氏に仕えていたが、永正元年(1504)の立川原の戦いで山内上杉氏の軍勢の攻撃を受けて初沢城は落城している。
 北条氏が進出すると初沢城も接収されたものと思われる。天正18年(1590)に豊臣秀吉が差し向けた前田利家らの軍勢が八王子城を攻略すると支城であった初沢城も落城したとされるが、おそらく大半の兵は八王子城へ結集したと考えられるので初沢城は戦わずして自落したか放棄されていたのだろう。
初沢城 出丸跡 東尾根の堀切
竪堀 西尾根の堀切 北尾根の堀切
二の郭跡の堀切と虎口 二の郭跡の土塁 二の郭跡の堀切
主郭下の腰郭 主郭跡 初沢城からの眺望
 高尾駅から近いこともあり初沢城へは何度か訪れている。はじめて訪れたときは城の遺構がどこにあるのかわからなかった。何度か訪れて堀切や郭の配置が少しはわかるようになったが、それでも全容をつかみづらい山城だと思った。八王子城がある程度完成した頃にはもう使用されることはなかったと思われるというのが初沢城を歩いてみた自分の感想だった。更新する前の記述で相当見落としている遺構もあると思うので再訪してみたいと結んでいたが、やはりこの城の魅力の半分ぐらいしか見ていなかったことを再訪して痛感させられた。
 個人的に好きな山城である。登りが楽なことと西側の眺望がとても美しかったことが印象的だった。最新の図面を片手に久しぶりに登ってみたが、南側は面白味に欠けるので主郭の西側に続く道を下ってみると見事な堀切が残っていた。もう少し進めば北尾根の堀切に到達するが金網で閉ざされているために引き返して南尾根に展開する二の郭へ向かったが以前に来たときよりも堀切と土橋がはっきりと見えた。主郭は以前と変わることもなかったが、樹木が成長して眺望はかなり悪くなっていた。腰郭のベンチに腰かけて昼食を取り少しのんびりしてから下山を開始したが、途中で北尾根の堀切を見るために杣道へと入った。足の置き場もなく倒木にも遮られ心細くなるような道だったが先ほどの金網に到達した。堀切は突き当りから左方向へ進むことになる。つまり主郭へ戻るようなかたちで尾根を登ると念願の堀切へと着いた。何度も訪れていた城なのに初めて見る遺構ばかりで有意義な一日となった。これまでの自分は初沢城の魅力の半分ぐらいしか見ていなかったことになる。これでこの城の遺構は完璧なまでに目にすることができたわけだが慣れ親しんだ初沢城もおそらくこれが最後の訪問になると思うと切ない気持ちにもなった。
JR中央本線「高尾」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社・よみがえる滝山城/揺籃社・東京都の中世城館/戎光祥出版
2008/05/08・2013/02/01・2020/01/10