別 名 根小屋城・新城・二城
所在地 東京都八王子市戸吹町
築城者 大石氏
築城年 室町時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 戸吹城は室町時代から戦国時代にかけて高月城を居城とした大石氏の築城と考えられているが、はっきりとした裏付けはないらしい。古甲州道の渡河地点を抑える要衝であることから北条氏により戦国時代まで使われたと思われる。日本城郭大系が刊行された昭和50年代で既に北側は変形しかなり危険な状態と記されており江戸時代の地誌でも荒墟と表現されている。地質の脆い加住丘陵は数百年前から崩落を続けていることがよくわかる。
戸吹城 南側斜面の郭 南郭跡の虎口
虎口の石積み 南郭跡の横堀 南郭跡の横堀
南郭跡の竪堀と土橋 馬出し跡 主郭跡へ続く細尾根
 たくさんの城を訪ね歩いているが危険な場所はたくさんあった。そのほとんどは野生動物の出没や急傾斜の岩場であったり、人里から隔絶された山中ということが多いが住宅地の裏山で比高差もなく熊も出ないような丘陵にある城を訪ねて命の危険を感じたのは後にも先にも戸吹城だけである。
 道標も設置されており南郭まで着くのは容易であるが、以前は竹林が広がり歩くことすらままならなかった。何度か訪れるうちに竹林は刈り取られて横堀がすっきりと見えるようになっているが、主郭までの道のりは危険極まりなく自分の肩幅ほどの細い尾根が主郭へと続いている。左右は垂直の崖で引っかかる樹木もまばらで道は湾曲している。風化は今も続いているため二度目の訪問時には主郭への道にロープが張られて閉ざされていた。南郭の遺構を見るだけでも十分に魅力は感じられるので無理をして主郭まで行く必要はないと思う。それでも一度は見ておきたいと思い勇気を振り絞り細尾根を歩いてみたが、少し風が吹いただけでも恐怖を感じてしまった。ひと雨降れば数日は歩けないだろうし、落ち葉の季節もここを歩くのは無理だと思う。この衝立のような恐ろしい地形を横から見るだけでも十分に迫力は感じられる。
JR五日市線「秋川」下車 徒歩25分
日本城郭大系/新人物往来社・東京都の中世城館/戎光祥出版・よみがえる滝山城/揺籃社
2003/10/07・2012/04/02・2016/05/05