別 名 秋留城
所在地 東京都あきる野市三内
築城者 三宮綱遠
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 三内神社奥ノ院
遺 構 郭・土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 阿伎留城は三内氏の居城で鎌倉時代に三宮孫四郎綱遠が築き、子孫の源左衛門昌国のときに三内氏を名乗ったとされる。純粋な武士ではなく三内神社の神人を兼ねた土豪だったと思う。多摩丘陵の古城址には武州南一揆に参加した小宮氏の居城ではないかと推測しているが、大悲願寺に梵鐘を奉納している事実からもこの付近の有力者であったことは確かなようである。
阿伎留城 三内神社 登山道
中腹からの眺め 二の郭跡 二の郭跡
主郭跡 主郭跡の土塁 阿伎留城からの眺望
 自分が知るところでは阿伎留城を紹介しているのは多摩丘陵の古城址しかない。文字通り多摩川沿いの丘陵に築かれた城を数多く収録してあり読み応えがあった。自宅から近い城が多いのでずいぶんと重宝したものだが、今の視点で読むと中には城とするのはどうかと思う場所もある。古い本なので縄張図も大雑把だが当時は城郭を専門に扱った本が少なかったのでとても貴重だった。
 あきる野市あたりまで来ると東京と思えないぐらい自然が豊かである。城の遺構に期待するよりも里山歩きと割り切ればとても楽しいし秋川や横沢入の風景も美しい。阿伎留城へは二度訪れているが特に遺構と呼べるものはない。三内神社の奥ノ院があるだけで土塁に見えるのも神社の風よけと思う。標高は301mだが眺望は優れており吹き抜ける風がとても心地よかった。
JR五日市線「武蔵五日市」下車 徒歩20分
多摩丘陵の古城址/有峰書店新社
2002/01/24・2011/10/31