別 名
所在地 東京都あきる野市網代
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 網代城は地元の土豪によって築かれた物見台程度の山城である。八王子城の北条氏照に仕えた青木氏や高尾氏といった小さな土豪が持ち回りで守備についていたのだろう。天険の要害頼みでこれといった工夫は見られず単純に高月城と戸倉城の中間で狼煙を上げるという役割のみを担っていたと思う。
網代城 登山道入口 登山道
北西尾根の堀切 分岐の道標 尾根道
主郭跡 腰郭 虎口受けの郭
 網代城へ登る木製階段を思い出しただけでも当時の苦しみが甦るぐらい辛い道のりが待つ山城である。この日は檜原城、阿伎留城と山城を立て続けに登ったあとに網代城へ登っている。標高は低いが傾斜のきつい山城ばかりでしばらく山城へは行きたくないと思った。
 檜原城を最初に見てしまっために阿伎留城と網代城はとても退屈に思えた。立派な復元図こそあるものの相当な脳内補正を働かせないと網代城の遺構はわからない。はじめて訪れたときはただの山と思って通り過ぎそうになり案内板を見てここが城跡とわかったほどだった。疲れるわりに眺望も利かず堀切も土塁も明確ではないので苦労にまったく見合わない。ここはもう再訪することもないだろう。
JR五日市線「武蔵五日市」下車 徒歩1時間
東京都の中世城館/戎光祥出版・多摩丘陵の古城址/有峰書店新社
2002/01/24・2011/10/31