別 名 小宮城
所在地 東京都あきる野市戸倉
築城者 小宮憲明
築城年 室町時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 東京都指定史跡
評 価
 武州南一揆の有力者小宮氏の居城という。百姓一揆とは異なり中世の一揆は地域武士団の集合体を指すことが多い。一向宗門徒はあらゆる階級の集まりだったが主力を成したのは土豪と武装した僧兵だった。室町時代初期に築かれた戸倉城は戦国時代末期まで使われた城と比べるとささやかな造りだが逆の見方をすれば北条氏が支配する以前の山城の姿をそのまま残していると言える。最終的には滝山城を北条氏に明け渡した大石定久の隠居城となったが居館は東麓の光厳寺とされており山城部分の整備はほとんどされなかっただろう。
戸倉城 登山道 尾根上の分岐
西尾根 西曲輪跡 西曲輪跡の堀切
二の曲輪跡 主曲輪跡の虎口 主曲輪跡
主曲輪跡 東尾根の曲輪 戸倉城からの眺望
 はじめて訪れたときはとても城には見えなかった。目を奪われるような堀切もなく土塁で囲まれた郭もない。単なる物見の城ぐらいに考えていたが、二度目の訪問で横堀と堀切らしい地形を見つけて理解度が上がった。三度目となると良い山城と思えるようになっていた。
 光厳寺の南からも登ることができるが北東麓の八幡神社から続く登山道のほうが比較的傾斜はなだらかである。過去3回ともそちらから登っているが緩やかな登りの分だけ歩く距離は長い。次第に傾斜は急になり北尾根へ出る。昔と違い最近の図面ではここも城域とされているが堀切もなく城跡という感じはしない。尾根を南へたどると二の郭へ至り城らしい雰囲気が増してくる。屈曲した道から主郭へ登ると美しい眺望が開けておりベンチとテーブルが置かれて寛げるようになっている。主郭の向こう側はやや岩場となり光厳寺へと下る道がある。引き返して西尾根へ向かうと木々も伐採されておらず手つかずの状態の郭が残る。主郭の標高は434mだが山頂から見下ろす風景は格別であり一人だけでこの眺めを独占できたのは最高の贅沢だった。
JR五日市線「五日市」下車 西東京バス「上養沢」行で「西戸倉」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・関東の名城を歩く/吉川弘文館
2003/09/30・2008/04/26・2017/11/15