別 名
所在地 東京都日野市高幡
築城者 高幡十右衛門
築城年 室町時代
廃城年
現 状 都立多摩丘陵自然公園
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 高幡城は武蔵七党のひとつ西党の高幡十右衛門が城主だったと伝わる。金剛寺境内にある上杉堂の立て札には享徳4年(1455)の分倍河原の戦いで、古河公方足利成氏に敗れた犬懸上杉憲秋が手傷を負い高幡不動で自刃したということが記されていたが、府中市の高安寺と同じように金剛寺も戦いが起きると城郭として利用されてきたらしい。また中世の日野は平姓高麗氏が支配していたことから高幡城についても高麗氏の居城だった可能性がある。
高幡城 二の郭跡の虎口 二の郭跡
堀切 主郭跡 帯郭
土塁 馬場跡 上杉堂
 高幡不動で有名な金剛寺は平日でもけっこう訪れている人がいる。どちらかと言えば新撰組ゆかりの土地だが金剛寺を訪ねたついでに裏山にある高幡城を散策している人をちらほら見かける。二度目の訪問のときは雪が降ったあとだったが雪化粧をした高幡城もなかなか良いものだった。
 金剛寺の裏山が城跡なので迷うことなく着いた。少し急な坂道を登ると尾根に至りそこからはほとんど平坦なので楽だった。信仰の石碑が並び遊歩道が敷かれているので歩きやすいが古い城のために遺構はかなり風化している。尾根上に郭が3つ連なるが遊歩道を通したため堀切もそれらしさを失っていた。西側へ派生する台地続きには居館や馬場と考えられる広大な平場が残っている。初めて訪れた時には何もない城跡だと思いつつ歩いていたが再訪したときには意外と遺構が残されているという印象に変わった。高幡城に限らず城跡というのは何度か訪れてわかる遺構が隠されていると教えられた気がした城だった。
京王電鉄高尾線・多摩都市モノレール「高幡不動」下車 徒歩10分
多摩丘陵の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
2007/04/08・2011/02/15