別 名 白金長者屋敷
所在地 東京都港区白金台
築城者 柳下上総介
築城年 南北朝時代
廃城年
現 状 国立自然教育園
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 白金長者と呼ばれたのは南北朝時代の雑色柳下上総介と伝わる。雑色というのは律令制の職位のひとつで蔵人のことである。柳下上総介については実名も伝わらず事跡もわからないが、江戸時代にその館跡は讃岐高松藩主松平讃岐守頼重の屋敷となっていた。明治時代を迎えて旧日本軍の火薬庫が置かれたために土塁は改変を受けているという。
散策路 土塁 土塁
土塁 水鳥の沼 虎口状の土塁
沼沢地 大蛇の松 水生植物園
 国立自然教育園の中に城が残っていることを知ったのは高校生のときだった。もっとも本当に城館なのかはわかっていない。山手線で行ける城なので一度訪ねてみたが確かに土塁が残り館跡という案内板もあった。この土塁は中世の遺物ではなく日本が軍国主義だった時代の火薬庫に付帯する土塁という説がある。それでも白金長者の伝承が伝わっているので無下にも扱えない。
 城跡かどうかの判断は他人に委ねるが都心とは思えないほど緑豊かな公園となっている。園内へ入るとすぐに散策路の脇に断面を見せる土塁があった。館跡の案内板が設置されている場所の土塁は郭を囲むようなかたちをしている。道がつけられた関係で土塁は断片的になっているが副郭を備えた城郭と考えて良いと思う。散策路に沿って園内を一周したが湿地や沼に木々が映り込んでとても綺麗だった。水生植物園へ歩いている途中に大蛇の松と呼ばれる松の巨木が倒れているのを見た。令和元年10月に関東地方を襲った台風19号により根こそぎ倒れた無残な姿だった。白金城は国立自然教育園内にあるために休園日もあるし入園料を払わねばならないが時にはこういった城散策も楽しい。
JR山手線「目黒」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社
2001/09/05・2019/11/01