福島城
 
別 名 志村肥前守館
所在地 東京都あきる野市引田
築城者 志村肥前守
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 山林・宅地
遺 構 郭・土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
 
 宝泉寺の背後にあるの高台には戦国時代に北条氏の家臣志村肥前守の居城があった。志村氏は甲斐武田氏の旧臣で長篠の戦いで戦死した山県昌景の首を敵から奪い返した志村氏の一族である。小田原市内にも志村氏の居館があるので、武田氏の滅亡前後に一族で北条氏の庇護を受けたと考えられる。
 引田城は東に突き出した台地先端を利用して築かれており、北を沢が流れて天然の水堀を形成し同時に生活用水の役割も果たす利便性の高い地形だった。地元には引田城の殿様は馬上の姿がとても美しかったという言い伝えが残っている。
JR五日市線「武蔵引田」下車 徒歩20分
2016/05/05 東京都の中世城館/戎光祥出版