別 名
所在地 東京都練馬区石神井台
築城者 豊島氏
築城年 鎌倉時代
廃城年 文明9年(1477)
現 状 石神井公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 東京都指定史跡
評 価
 平安時代から続く豊島氏は現在の北区を地盤としており鎌倉時代後期に石神井城を居城としたとされるが、実際には室町時代の応永年間に築かれたという説が有力となってきている。武州平一揆に参加したことで一時的に衰退したが持ち直し、室町時代後半には石神井城と練馬城を有して勢力基盤を固めていたが、関東の戦国乱世への幕開けを告げた長尾景春の乱で転機を迎えた。景春に呼応した豊島泰経は扇谷上杉氏の家宰太田道灌に石神井城を攻められ滅んだ。石神井城はそのまま廃城になったこともあって北条氏が進出する以前の武蔵野の城郭の面影をよく残している。
三宝池と石神井城 城址碑 主郭跡
主郭跡 主郭跡の空堀 主郭跡の空堀
二の郭跡 腰曲輪 空堀跡
 東京都内でも中世の面影をよく残した城だと思う。祖母の妹が大泉に嫁いでいたこともあって小さい頃からよく訪れた場所だが城跡と知ったのは高校生の頃だった。僕自身も長く杉並区に住んでいたこともあり石神井公園へはよく散歩に出かけた。城跡とわかってはいても複雑な地形の起伏には気づかず石碑しかないと思っていた。
 20代になって訪れた石神井城はまったく違って見えた。はっきりと土塁と空堀があるのに気づくまで数十年かかったことになる。普段は柵で囲まれている主郭には入れないが11月の文化の日に開放されるので訪れてみた。ちょうど発掘をしていたが土塁の上から見る石神井城はまるで違って見えたものだった。それからも何度か石神井城へは訪れているが令和元年の暮れに10年ぶりの再訪をした。これまでは三宝寺池と主郭を中心に散策していたが、今回はおそらく郭を形成していたであろう三宝寺と道場寺の境内も歩いている。三宝寺の境内では当時からの地形と考えられる崖線を見ることができた。道場寺は豊島氏の菩提寺であるが墓地は墓参に訪れた者しか入れないために豊島泰経らの供養塔を見ることはできなかった。大叔母も亡くなり親戚も川越へ移り住み石神井城とはもう縁が薄れた。おそらくはこれがもう最後の訪問となると思う。
西武池袋線「石神井公園」下車 西武バス「荻窪駅北口」行で「三宝寺池」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・関東の名城を歩く/吉川弘文館・石神井城跡案内板
2003/11/03・2008/03/22・2009/08/16・2019/12/29