別 名
所在地 東京都三鷹市新川
築城者
築城年
廃城年
現 状 天神山青少年広場
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 天神山城には伝承もなく城主もわからないが仙川を挟んだ西に金子氏の屋敷と伝わる島屋敷がある。規模こそ違うが深大寺城との類似点が認められ扇谷上杉氏が築いた砦という推測がされている。天文6年(1537)に北条氏綱は扇谷上杉氏の家臣難波田弾正が籠る深大寺城を攻めているので北条氏が築いた付け城であったのかもしれない。
代山城 主郭跡 主郭跡
西曲輪跡 空堀 空堀
 ずいぶんと昔に天神山城を訪ねたことがある。特に印象に残らない普通の公園だった記憶しかないが東京都内の城郭を再訪してみようという気持ちが自分の中に芽生え、以前は川沿いから眺めただけだった島屋敷とともに天神山城へも訪れることにした。
 今は天神山青少年広場という公園になっているが段差のある地形や空堀が残り三鷹市内では唯一遺構の確認ができる城館である。最初は足早に立ち寄っただけなのでじっくりと観察はできていなかったので梅雨の晴れ間の暑い日に再訪した。17年の歳月が流れていたが以前に見た風景と同じだった。その頃は何もわからないまま訪れていたが今は図面があるので空堀を歩いてみた。北側はフェンスが張られて入れないが城跡の堀底を歩くのは楽しい時間である。もう訪れることもないと思うので少し眺めに滞在した。
JR中央本線「吉祥寺」下車 三鷹シティバス「北野」行で「北野駐在所前」下車 徒歩15分
東京都の中世城館/戎光祥出版
2002/04/01・2019/07/19