別 名
所在地 東京都青梅市二俣尾
築城者 三田綱秀
築城年 永禄年間(1558〜70)
廃城年 永禄6年(1563)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 青梅市指定史跡
評 価
 戦国時代に青梅の領主三田氏が築いた山城であり、三田綱秀は辛垣城を拠点として北条氏に対して山岳戦を展開したが、衆寡敵せず次第に追い詰められていった。当初は北条氏に従い今の青梅にあたる杣保領を安堵されていたが、上杉謙信の関東侵攻を機に北条氏と離反している。こうして平将門の後裔を称する三田氏は滅んだが一族の中には北条氏に臣従した者もおり青梅近辺には今も三田氏の居館とされる場所がいくつか残っている。
辛垣城 登山道入口 東尾根の曲輪跡
南尾根の堀切 西尾根の堀切 西尾根の曲輪跡
北尾根の堀切 北尾根の堀切 北尾根の堀切と土橋
主郭跡 辛垣城からの眺望 海禅寺の三田氏一族墓所
 はじめて辛垣城へ訪れたときは日向和田からハイキングコースを歩いたために大変な時間を費やした。楯ノ城から尾根まで直登し、尾根へ出てから物見櫓を通り、あとはアップダウンのある尾根道をひたすら歩いた。二度目は二俣尾駅から最短距離を行ったので短時間で着いている。この道も案外と険しい道だったことを思い出す。
 辛垣城は石灰採掘の破壊が顕著で主郭はほとんど見る影もなく郭がごっそりくり抜かれている。見事な土塁囲みだと思っていたが後でその事情を知って落胆したものだった。二度目は支尾根に広がる遺構を中心に歩いた。尾根に残る遺構はそれほど破壊されておらず堀切と土橋がよく残っている。このときにはじめてマイマイカブリを見つけた。カタツムリの天敵として知られる日本最大の甲虫である。美しい金属光沢を放つ姿は万年筆が歩いているようだった。下山後は三田氏の墓が残る海禅寺を訪ねている。
JR青梅線「二俣尾」下車 徒歩40分
日本城郭大系/新人物往来社・東京都の中世城館/戎光祥出版
2004/11/07・2012/05/09