別 名
所在地 東京都青梅市二俣尾
築城者 三田綱秀
築城年 永禄年間(1558〜69)
廃城年 永禄6年(1563)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 諸説あるが辛垣城からの距離を考えればその支城と考えていいと思う。北条氏が築いた陣城と唱える説もあるが指呼の距離にこれだけの陣城を築くぐらいなら一気に攻め込んでしまうだろうし、三田氏側から見ればそれを指をくわえて眺めている場合ではなく、陣城が構築される間に逃走するだろう。北条氏によって占領され辛垣城に向けてここから攻め入ったというだけのことだろう。
枡形山城 登山道 竪堀
平場 目印の鳥居 帯郭
堀切 主郭跡 主郭跡
 枡形山城を知ったのは多摩丘陵の古城址という本だった。その後に中世城郭事典に掲載されていた詳細な縄張図を見て行ってみたいと思ったが、正確な場所がわからないため訪れることはなかった。
 青梅に住む友人が最短の道を教えてくれたので登ってみた。最初は少し心細くなるような道だが、はっきりしているので迷うこともなく枡形山城に着くことができた。迫力のある堀切を目の当たりにしたときは喜びでいっぱいだった。辛垣城がほとんど破壊されてしまっているのに対して枡形城は手つかずで残されていた。ハイキングコースから外れていることが幸いしたのだろう。このときから数年後に青梅市が登山道の整備に着手したのはいいが、遺構がかなり破壊されてしまったらしい。
JR青梅線「二俣尾」下車 徒歩40分
中世城郭事典/新人物往来社・東京都の中世城館/戎光祥出版
2011/02/24